読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

リターン率1000%の領域

リターン率1000%の領域

アメリカ大学留学費用1000万円
ハーバード学費2000万円

長期的に安定したコピーライターとしてのキャリア。
初任給600万円を確定し、年間10%ずつ上昇する高収入の職業。

業界トップレベルの専門家を養成する私のスクールへの
投資額も、高額になることは覚悟する必要があります。

大学の費用を例にとってみて下さい。
多くの人は大学の費用は『学費』と言います。

が、

この考え方には私は反対しています。
大学費用は学費ではなく『投資』です。

つまりどういう事かというと、そこからリターンを得る必要がある、
という意味です。

学費と言うと、そこからの具体的なリターン%を考えずに
教育費、教養費など曖昧な概念で妥協してしまいます。

しかし『投資』という言葉で考えるとシビアに利率%を
計算する頭に切り替わります。

なので私は全て投資としてリターンを計算する癖を持っています。
1%単位でリターンを綿密計算

シビアな投資家の着眼点

一般的なアメリカの大学の学費は800万円ほどです。
しかし、誰もがそのリターンを計算していません。
年間200万円くらいの費用で4年間行くと800万円になります。

ハーバード大学などエリートスクールにもなると
毎年500万円ほどの費用が発生します。

ハーバード大学に4年間通うとしたならば、
合計2,000万円の投資額がかかります。

例え、ハーバードでなくて普通の大学であっても
4年間で半分の1,000万円は投資額としてかかります。

なので、1,000万円を投資して卒業後に仕事につき、
初任給が例えば年収600万円になります。

なので、1,000万円を投資して卒業後(4年後)から
600万円が入り始めるとしたのならば投資額の60%が
ペイされる、ということになります。

それで、次の年で完全にペイする感じだと思います。

しかし大学に通う時期が別に4年間はありますので、
回収までに4年間+最低で2年かかることになります。

ただし、現在では例えMBAを取得したとしても
アメリカは仕事が無い状況です。
留年をする人もいるので、実際問題さらに費用がかかります。

ただ、給料全額を学費に支払える訳ではないので、
実際はローンを組んで10年や20年かけて返済します。

なので、

年率10%を超える案件は
通常不可能だと認識

1000万円を大学費用に投資し、その元金をゲットするのに
最低10年という歳月がかかります。

そして、それ以降にポジティブリターンが発生したとしても
最終的に計算して年率10%くらいに落ち着いてくる、と
いう投資界の常識をまずは理解して下さい。

ウォーレン・バフェットさんでさえ年率20%を大きく超える
事は不可能だと自分で言っています。

今回、X-Jr.コピーライター養成スクールの生徒になる
あなたには、どうすれば最も理想的なリターンを
提供する事ができるか真剣に考慮しました。

私が開講するスクールを選んでもらうからには、
他の大学やスクール以上に投資リターンがなければ、
フェアではないと考えたのです。

X-Jr.コピーライター養成スクールの投資額は、
1,000万円
を考えました。

1,000万円として、スクールの期間6ヶ月間
業界トップレベルの技術と精神性を身につけ
その翌月から毎月50万円を稼げるとすれば
年間600万円を稼げるのです。

なので、投資金は2年以内にペイできます。
他の大学は学費を完全にペイするまでに
在学期間4年間+2年間の6年間はかかります。

今回のスクールは7ヶ月+2年間の
わずか、2年7ヶ月だけで完全に
ペイできるのです。

さらに私の卒業生には仕事も斡旋します。
なので、

初任給600万円の裏口内定
7ヶ月後にポジティブ現金収入
という事です。

学費が1,000万円としたなら、
普通の大学よりも十分リターンが大きい案件だと思います。

が、

1,000万円をキャッシュで支払える生徒は
あまり存在しません。

なので、大学への入学を希望している人たちは、
奨学金や学生ローンを活用します。

しかし、X-Jr.コピーライター養成スクールには、
銀行にどれだけ真剣に話しても大学以外の機関に
学生ローンを出してもらうのは無理です。

それが現在の社会の常識なのですから仕方ありません。
なので1,000万円は、現実的にハードルが高い
金額になると思います。

なので、
500万円
を投資額とすれば7ヶ月後から収入が入るとして

そこから1年で完全にペイできるのです。
生活費などで半分飛んだとしても
2年でペイできるのです。

若者と老人がデスクを並べる
異色のコピーライティング学校

私の学校では老若男女、様々な人生経験がある
コピーライターを育てたいという願望があります。

このスクールに500万円の学費を投資しても
他の大学と比較して現実的な投資案件だと私は思うのです。

それでも、なんとか現金をかき集めれる人たちは
可能だと思いますが、それができないという人も
やはり多い事も理解しています。

私も、スクールを開講するなら500万円の貯金を
持っている人だけ集まるのではなく…

色々な、ジャンルの人、年齢層の人に、
生徒になって欲しいと思います。

主婦の方、おじいさん、中学生…

様々な人生経験をされてきたコピーライターが
ありとあらゆる業界で時代をリードする姿を
見たいと思っています。

私自身、黒人ハウスで暮らしたり、バス停の地面に
横たわったり、力仕事をしたり、スーパーの試食品で
生き延びていた時期があります。

その当時に自分が500万円の投資額を用意するのは
絶対無理だった、という事も認めます。
なので、500万だと敷居が高過ぎだと言えます。

なので、
100万円
と考えました、100万円という金額になると

7ヶ月後に仕事が始まり、その年に年収が600万円に
なるということになりますので、
600%のリターン率

所持金が1年で6倍に膨れ上がる
になります。

通常、そのようなリターンが得られる
スクールは世界のどこにも存在しないと思います。
一般的に利回り10%が限界です。

プロ級のプロでも20%がリミットです。

そう考えると、100万円出して1年後に
600万円を取れる、つまり600%になることは、
その時点で、すでにあり得ないという投資になります。

しかし、それでもまだ用意できない人もいると思います。
私が10代で経済的に苦しい思いをしていた時代に

投資額がどうしても用意できないという理由で
コピーライターのスキルを身につける事が
できなければ、今の私は存在していません。

なので最終的に、

1,000万円でもなく…
500万円でもなく…
100万円でもなく…

59万9700円(税込み)
に決定をしました。

59万9700円だと、7ヶ月後に最初に50万円の報酬を得て
年間600万円の収入が得られるとすれば、

リターン率1000%の領域

持ち金を10倍に増やす
奇跡の投資案件
だと言えます。

リターン率1000%は奇跡だと言っても過言では無いです。

普通に考えると存在不可能の投資案件ですが、今回
どうしても現在まだお金に都合がつきにくい人、
若い人などもなんとかして出せる金額にしたのです。

私自身、借金はしてはいけないと常に言っており
クレジットカードは反対です。

なので学費はキャッシュで支払って欲しいと思います。
しかし、今はどうしても現金一括で払えない、

でも、このチャンスを逃したくないという人の
存在を考えて、今回だけはクレジットカード決済を
受け付けます。

つまり分割払いオプションを用意します。

私自身が6ヶ月間かけて全てを教える内容であり、
絶対になんとかできるという自信があるからです。
他の人のプログラムなら、ここまで断言できません。

24ヶ月払いを選択するのであれば、
月額2万5000円ほどの支払いになります。

この返済ペースであれば、7ヶ月間は毎月2万5000円ずつ
コツコツ返済していき、その8ヶ月目に案件を斡旋してもらい
現金50万円の報酬を得て全額一気に返済できると思います。

ダラダラダラダラ小さく返済するのではなく、
初任給が入った時点で全額を返済して下さい。

リターン率1000%の領域
↓↓↓
http://mof9.com/13.html