販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

今週の食費30ドルを稼ぎました。

今週の食費30ドルを稼ぎました。

20ドルの投資で手が震えました。

そんな人生に転機が訪れました。
当時、私が住んでいた黒人ハウス(小さな一軒家を8人くらいの
黒人たちとシェア)から歩いて10分くらいに大学がありました。

その大学の図書館にインターネットが使える生徒専用のコンピューターが
ありました。

しかし、私は生徒ではないのでログインパスワードを
持っていませんでした。

なので他人のパスワードを勝手に使って
インターネットを使ってました。

そして、何とかお金が簡単に稼げる方法が何かないかと、
日々、検索していました。

そして、ジェイ・エイブラハムの教材と出会いました。

ジェイ・エイブラハムの教材テープ(中古)を、
20ドルほどで購入して聞き始めたのです。
(約2000円ほどです)

クレジットカードがあったのですか?と細かい質問を
されるかも知れませんので言っておきますが、浮浪児の
私にクレジットカードは絶対に出ませんので、代わりに

デビットカードを持っていました。

ちなみに今でもデビットカードを使用しています。
そして数日後、ジェイのカセットテープが黒人ハウスの
玄関に届きました。

黒人に見つかるとバカにされると思ったので、その日は
一日中、玄関で座って配達人を待っていたのを今でも
覚えています。

黒人にニヤニヤ笑われました。

テープが届いた時、黒人たちが「何だそれは!見せろ!」
とニヤニヤしながら言ってきたので、私はもの凄い形相で怒り狂い、
トイレの中に駆け込んで鍵を閉めました。

その家で私が唯一鍵をかけられるプライベート個室はトイレだけでした。
しかし困難は続きました。

カセットテープが届いたのはいいのですが、プレーヤー
(ウォークマン)を持っていない事に気がつきました。

次の日にウォークマンを買いに行くと60ドルほど
値段がする事を知り、そこで諦めようか悩みました。
(約6000円ほどです)

20ドルのカセットテープ。
60ドルのウォークマン

これくらいのお金を投資する事も困難な状況だったのです。
60ドルの値段にビビってしまい一度、店を出ました。

そして黒人ハウスに帰り始め、トボトボ雪の中を歩いていました。
ジェイのテープも返品しようと考えていました。

が、
心の声が聞こえてきました。

「引き返せ。勇気を出して引き返せ。」

こう聞こえたのを今も覚えています。
そしてまた店に引き返し、心臓がばくばく鼓動して

手が震えてしまうのを我慢して思考停止状態に
自分を追い込み、60ドルのテーププレーヤーを
買いました。

当時、1日に1ドルのアイスを一個しか食べていなかった
私にとって60ドルの出費は2ヶ月分の食費でした。

アイスクリームが60個も
食べれると思いました。

本当に辛い決断だったのを強烈に覚えています。
よほどトラウマになっているのか、今、
この文章を書いている時も手が震え始めます。

そして、ジェイのテープを気が狂ったように
聴き始め、マーケティングを勉強しました。
気が狂ったと言っても過言ではない状態でした。

24時間、毎日毎日テープを聴き続けました。

寝ている間も起きている間も24時間ぶっ続けで
聴いていました。
そこから、すべてが変わり始めました。

次にジェイの本なども手に入れ、その本を
手で全部、丸写しして3×5インチの
インデックスカードにマインドセットを

全部、書き写して暗記していました。

当時はホームレスだったり、黒人ハウスで寝泊まりしたり
友達の家に上がり込んだり、単発的なバイト生活で
悠長に勉強をする物理的な余裕がありませんでした。

なので、学んだことをその場で使わないと
生きていけない環境だったのです。

とにかくお腹が空いていたので食費を確保したかったのです。
どうにかして食いつなぐ為に
学んだことを、すぐに実践してました。

そして最初に行ったのは、eBayでした。
他人のパスワードを盗み

生活費を稼ぎました。

お金を稼ぐというより生活費、とにかく
食事代を稼ぐことを考えてました。

それまではスーパーの試食品で食いつないでました。
または、1個1ドルのアイスクリームを

1日1個だけ食べて食いつないでました。

たまに黒人ハウスの冷蔵庫からバレないように
チーズやチキンなどを盗んで食べました。

そういう状況でしたので
お金を稼ぐというよりは、
食事代から稼ごうと思っていました。

億万長者になるとか100万円を稼ぐとかは
全く考える事ができませんでした。

まずは、どうしたら今週の食費30ドルを
稼げるのか稼ぎ方を探してました。

それで、色々と方法を調べていくうちに、
eBayなどインターネットやオンラインで何でもいいので
売れば、30ドル稼げるだろうと考えました。

大学の図書館で他人のパスワードを使用し

eBayで稼ぎはじめました。
黒人ハウスに転がっていたガラクタのような物を
勝手にもらって(無許可)、それを売ったりしました。

歩いている犬を捕まえてeBayで売ろうともしました。
(最終的に無理でした。)

当然、商品は最初は全く売れないですが、
キャッチコピーを工夫したり、保証を付けたり、
学んだ事を色々試していると、20ドル、30ドルと、

少しずつ売れ始めました。

当時はインターネットビジネスはまだ有名では無かったのですが
ジェイのカセットの中で、インターネットがこれから流行る、
どんなにお金が無くても資金が少なくても学歴が無くても

誰もがインターネットでビジネスができる時代が来る、

と言っていたのです。
その言葉を信じて肉体労働の生活をやめて

マーケティングに人生をかけようと決意しました。

eBayで食費を稼げるようになれたので、
次はアパート代を稼ごうと思いました。


今週の食費30ドルを稼ぎました。
↓↓↓
http://mof9.com/13.html