販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

カネに狂った医学界

カネに狂った医学界

病院に行ったのは“0回”
予防接種も“0回”

ですが私たちは病院で生まれた長男も含めて
出生後に予防接種や薬を飲ませたことは
一度もありません。

こう聞くと、

「仙人さん、子供が風邪を引いて
高熱を出しても放っておくのですか?」

「高熱が続いて後遺症が残ったら
どうするのですか?」

という疑問が出てくると思います。

この辺りの人体のカラクリも順番に話していきます。

病院や西洋医学から刷り込まれている
ことは多数あります。

テレビの影響か何かで子供の高熱が継続すると
言語障害や知能障害が残ると勘違いされています。

しかし脳機能にもともと異常が無い限り
人体は必ず体温上昇をストップします。

もしくは解熱剤をうつ事による副作用で
高熱が更に悪化したり、全身の痙攣が起こります。

人間の熱というメカニズムは脳死
ならないように上手く調整されています。

(600万年の進化で培われた生理システムです)

「熱で障害が残る」というのは
医療業界の恐怖の植え付けだったのです。

科学データを次々に隠蔽…
カネに狂った医学界

もし、私たちの体に体温自動調整の仕組みが
なければ人間は600万年の間に絶滅している、
という論理になります。

体の仕組みは非常に繊細にできており、
化学物質で強引に熱を下げようとすると逆に
体温コントロール調整システムをバグらせて
しまうのです。

なので私の子供たちは化学物質を飲みません。

私の子供たちは天然の凝縮薬草エキスを飲みます。

病院で副作用のある化学成分(猛毒)たっぷりの
製薬を使用する必要はありません。

“ある”理論さえ理解していればピンポイントで
必要な成分の薬草エキスを飲むだけで、
病気の症状は安全にコントロールする事が
可能になるのです。

このカラクリも教えますので安心して下さい。
→ http://mof9.com/25.html


例えば、このような風邪の薬草があります。

【英名】common sage/garden sage【仏名】sauge officinale【和名】薬用サルビア学名】Salvia officinalis 
【科・属名】シソ科サルビア属 【原産地域】地中海沿岸【自生地環境】乾燥した水はけのよい土壌
【日あたり】ひなた 【水やり】乾燥を好む【開花時期】5~7月【樹高・草丈】30~80cm
【利用法】
昔からセイジの薬用効果はたいへん重要視されていて、属名の「Salvia」サルビアは治療、救助を意味し、「officinalis」は薬効のあると言う意味で、このセージの学名は薬用植物の中でも特に素晴らしいということになりますね。
セイジの温浸出液は風邪の応急処置薬となり、歯肉の炎症やのど痛みなどにも効果があります。
セイジは肉料理によく使われ、肉の脂肪分を分解し、臭みを消す働きがあります。
ソーは内臓肉でソーセージの語源ともされます。
ハンバーグやソーセージなどのひき肉料理、イタリア料理などの濃厚料理にお使いください。

■セイジのうれしい効果♪
更年期に起こる倦怠感やのぼせをふせぎ、月経周期を整える女性にうれしいハーブです。
発汗を整えますので、セイジのローションはわきの下にスプレーして夏のケアにもどうぞ。

ローションの作り方:
1.セイジ一掴みを1Lのお水に入れ、1時間ほどとろ火でコトコト煮出します。
2.冷めたらコーヒーフィルターなどで濾して冷蔵庫で保存してください。
3.市販のスプレー容器にいれればお手軽スプレーの出来上がり♪

*じめじめ夏にさっぱりのセイジスキンローションは安心天然成分100%だからうれしいですね。
注意!:1週間で使い切ること!
長期保存をしたい場合は飲用の高濃度アルコール(ウォッカやジンでも可)を保存剤として大匙2杯加えてください。早めに使い切るようにしましょう。

コモンセージ(ガーデンセイジ・薬用サルビアサルビアオフィスナリス) ハーブ苗 9vp Sag…
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/14c60fc3.b0f0c4ce.14c60fc4.b0647f6d/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fherbalk%2f560517%2f%3fscid%3daf_link_mail&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fherbalk%2fi%2f10000384%2f