読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

生活援助報酬下げの対応方法

生活援助報酬下げの対応方法

残された時間はごくわずかです…

バーチャルコンサルタントの秘密

From: 平秀信
長野県、ネオハウスの書斎
火曜日、AM08:03、曇天

平です、

今日は少し暗い話をします。

しかし、日本人なら誰もが直視しなければならない
大切な話でもあります。

少し暗い気分になるかもしれませんが、
あなた自身、そしてあなたの大切な人の命を
守ることに繋がるので心して読んでください。

今、日本が急激な変化の節目を迎えているのは
あなたもご存知だと思います。

歴史的に見ても時代の転換期であるのは
間違いないと思います。

が、その変化についてあなたは一体
どれくらいを把握していますか?

私はかなりのリスクマニアなので、
常日頃から日本や世界の動向について
調べることが趣味になっています。

そしてつい最近、驚くべき事実に行き当たりました。

世界一のリスク大国:日本

私たちが住む日本はとても素晴らしい国です。

ご飯は美味しいし、比較的安全ですし、人も親切です。
歴史があり、田舎の景色も都会の風景も美しいです。

世界中のいろいろな国と比べても、本当に住みやすく
快適な国であることは間違いありません。

ですが、それはあくまで光の当たる「良い部分」に
フォーカスした時の話です。

あまり光の当たらない部分、つまり
「影」となっている部分に目を当てると
かなり悲惨な状況になりつつあることに
あなたも驚くと思います。

日本は、たくさんの爆弾を抱えています。

詳しく説明していきます。

私が調べた限りでは、日本は無視できない
19個の巨大なリスクに晒されています。

つまり、

敵に完全包囲された危機的状態

と言っても過言ではないということです。

年金制度の崩壊、国家の債務超過、アフターオリンピック、
為替の急激な変動、極度のストレス、国民の高齢化、
更なる増税、政府の外交下手、活習慣病、テロの恐怖、
教育という名の洗脳、国際競争力の低下…

これらの問題だけでもかなりの重症ですが、
さらに日本は世界有数の「自然災害大国」
でもあるということを忘れてはなりません。

地震津波、火山の噴火、台風、
異常な大雪、洪水、土砂災害…

3年前には巨大な地震と共に原発に大事故が起こり
放射能が撒き散らされたという問題もあります。

こうやって並べてしまうと一つひとつの重大さが
薄れてしまうのですが、このどれもが非常に
大きな危機を私たちにもたらす事になります。

「ちょっと平さん、いたずらに不安を煽って
 一体どうするつもりなんですか!」

と思われるかもしれませんが、もう少しだけ
静かに私の話を聞いてください。

結論:日本に居続けることがリスク

何度も言いますが、日本は素晴らしい国です。

ですが、この国に留まり続けるということは
必ずしも賢い判断では無いと思います。

まず、日本が何かしらの危機的状況に陥ったとしても
政府や企業があなたを助けてくれることはありません。

普段は税金を取り、国民を管理している政府ですが
いざという時に私たちを守る力は無いのです。

政府の中枢にいる政治家や官僚は保身に走り
自分たちだけはなんとか生き延びようと
あらゆる手を尽くすでしょう。

私は政治を知りませんし、あまり関わろうとも
思わないのですが、今の政府を構成する人間に
心からの信頼をおいている人が果たして
どれくらい存在するでしょうか?

政府と同じく、大企業も私たちに救いの手を
差し伸べることはありません。

彼らはあくまでビジネスで儲けることが
最優先事項なので、国民がどうなろうと
知ったことではないのです。

福島原発の事故が起こった直後、東京電力
幹部の家族たちがこぞって海外に脱出したのは
既に広く知られています。

そうです、

責任感が欠如した彼らに頼ること自体が大きな間違い

なのです。

国の借金が984兆円という想像もつかない
レベルの金額に膨れ上がり、いつ破綻しても
全く不思議ではありません。

いざ破綻となった場合、政府は私たち国民が持つ
1,500兆円近くになる個人金融資産を押収し、
対外的な借金をチャラにすることも
選択肢として持っています。

預金封鎖」という国家犯罪

が現実に起こるかもしれないのです。

日本でも1946年、戦後のインフレの中で
実際に預金封鎖が行われた実例があります。

なので、今のままインフレが進むと
同じような事態が引き起こされるかも知れません。

あなたが汗水たらして貯めたお金が
何の前触れもなく没収されてしまう
可能性があるのです。

「平さん、日本が危ないのはもう分かったから
 具体的にどうすれば良いか教えてくれよ!」

という声が聞こえてきそうなので
暗い話はこれくらいにしておきます。

これからは具体的に“どういう対策を練るべきか”
についてお話していきます。

全ての問題の解決方法

日本が抱えるあらゆるリスクを避けるための
唯一の方法、それは

起業すること

です。

「起業すればなぜリスクが回避できるのか?」

という疑問の答えは単純に、自分の意志で
コントロール出来る範囲が大幅に増えるからなのです。

働く場所も時間も収入の額も、ほとんどのことを
自分でコントロールすることができます。

正しいやり方を学んでビジネスを行えば
クライアントを次々と増やし、収入額を
青天井にすることも可能なのです。

自分の力で収入を得ることが出来るようになれば
年金なんか気にする必要は一切ありません。

雇われる立場では不可能だったことが
次々と実現できるようになるのです。

「でも平さん、簡単に起業しろって言うけど
 スキルも無いしいきなりは無理だよ!」

という声が上がると思うので先回りして
今、最も成功しやすい職業をお伝えしておきます。

その職業こそが

バーチャルコンサルタント

です。

聞き慣れない職業だとは思いますが、これから
しっかりと説明するので安心してください。

バーチャルコンサルタント(VC)は年齢、性別、
住んでいる地域などの環境など全く関係なく
あらゆる状況から転職することが出来る
数少ない自由度の高い職業です。

名前に「コンサルタント」とついているので
高学歴でMBAを持っていなければいけないとか、
何か特別な資格が必要なんじゃないかとか
思う人がいると思いますが、それらは一切不要です。

高度なスキルやテクニックも必要ないのです。

それに加え、開業資金や商品在庫、事務所や
スタッフなども要りません。

必要なのはパソコン1台だけです。

仕事の内容は主に、あなたの趣味というか
好きなテーマについて知りたいと思っている人に
教えてあげることです。

生活援助報酬下げの対応方法
http://mof9.com/37.html