販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

あなたが本当にしたい事

あなたが本当にしたい事

人前に出ずに仕事をする!

です。

つまり自宅でできる仕事をするのです。

要するに『ホームビジネス』です。

なぜ美人や男前が得をするかというと人前に出る事で実際に
自分の姿を見せて見た目を気に入ってもらえるからです。

ルックスがいい人は積極的に人前に出て自分の姿を
アピールする事で成功できます。

が、

もし見た目が悪いのであれば、できるだけ人前に出ずに、
リラックスできる自宅でインターネットを使ってクライアントと
やり取りをすれば良いのです。

自分の見た目をアピールするのではなく、メールやホームページや
ブログを使って自分の『文章でアピール』するのです。

ベストセラーの小説家っていますよね?

彼らの文章を読むとすごく引き込まれて想像を掻き立てられて
ファンになります。

しかし、実物の作家を見るとイメージと違って
幻滅してしまう事もあります。

なので売れている小説家などで見た目があまり良くない人は
表に出ずに小説という自分の作品で勝負をしているのです。

それと同じ事です。

見た目が良い人は見た目で勝負すれば良いのです。

見た目が悪い人は他の要素で勝負

…するのです。

自分の勝てる土俵に上がる事が大切なのです。

在宅でくつろげる空間で自分の姿は見せずにプライバシーを
保ちながら、お気に入りのドリンクを片手に、自由な時間に
仕事をして文章というフェアな土俵で勝負するのです。

見た目は生まれつきです。

遺伝です。

向上にも限界があります。

どうあがいてもブラッドピットのようになれるはずがありません。

しかし、文章は違います。

文章は努力次第で向上できるスキルです。

つまり『フェア』です。

コピーライティング = フェアな土俵

正しい教材に正しく投資し、正しい方法で学習し、ドリル反復し、
ポイントを暗記し、先生の言う通りに素直にマイペースで
学んでいけば、必ず経済的な豊かさを手に入れる事が
可能になります。

文章がうまくなると興味深い現象が起きます。

文章が上手だと見た目に関係なく異性に尊敬されるように
なります。

不思議な現象ですが事実です。

文章というのは芸術のカテゴリーなので
非常にクリエイティブな人に思われます。

例えば、

女性「お仕事何されているんですか?」

あなた「文章家です。まあ作家みたいな物ですね。」

女性「ええ!すごーい!かっこいい~」

という流れで話が盛り上がってきます。

あなたの見た目がどうであれ文章を書いている、
というだけでなぜかあなたが実物以上に魅力的に
見えるのです。

つまり見た目が悪い人は文章をマスターすれば人生を
思い通りコントロールできる力を手にする事が
可能になるのです。

これから日本はフリーランサーのように自宅で個人で
ビジネスを展開する時代に突入します。

満員電車に揺られて会社に拘束される時代はすでに
末期を迎えているのです。

時代はどんどん変化しています。

江戸時代の事は忘れて下さい

江戸時代の仕事スタイルと明治時代は全く違います。

明治時代の仕事スタイルと平成のスタイルは全く違います。

時代は常に変化しているのです。

これからは全く違うスタイルの仕事の形が完成されてきます。

その波にうまく乗れる人が成功するのです。

いつまでも昔のやり方に執着しても前に進めないのです。

会社なんかに拘束されずに自由気ままに世界を旅行しながら、
インターネットを使って文章を書いて、フェアな土俵で
成功を実現できる時代の到来です。

人生は一回きりです。

思いっきり好きな事をして、好きな物を食べて、
好きな人と時間を過ごし、家族を大切にして、趣味に没頭し、
人生を満喫できると思います。

気持ちよく気持ちよくスッキリスッキリ毎日を過ごして下さい。

世界があなたを待っています。

無限の可能性があなたを待っています。

靴って好きですか?


束縛に反対する自由主義者
私は嫌いです。

できるだけ裸足で生活したいです。

革靴などは一切履かずに『裸足』
もしくはビーチサンダル姿で年収1000万円に
なるライフスタイルが存在します。

多くの人は真面目過ぎです。

恐らく幼少期の頃から学校で洗脳されたのが原因だと思うのですが、
日本人は基本的にくそ真面目です。

学校では、みな同じ色の制服を着て、同じ髪型で、同じ時間帯に
同じルートで通学し、決められた机に座って、先生に
突っ込んだ質問は絶対にしないです。

教室は生徒が決められた時間に掃除します。

授業中に勝手に飲み物を飲んだりご飯を食べたりしたら怒られます。

奴隷のように学校の規則に従う事でロボットのような
生き方を教わります。

そうやって青春時代を過ごした子供達が大人になり社会に出ると、
次は会社で同じように振る舞います。

毎朝、みんなと同じ時間に同じルートで会社に通勤し、
満員電車に揺られ、同じ色のスーツを着てほぼ同じ髪型で
同じような表情で生きています。

上司から『命令』される辛い毎日

会社では社長にこき使われ、命令され、朝から晩まであくせく
奴隷のように働かされます。

そうやって年寄りになるまで働き、年金生活に入り、自分が
本当にしたい事は最後まで分からず死んでいく。。

という人生のストーリーを過ごしています。

あなたが本当にしたい事は何ですか?

あなたが生きている人生は、あなたが本当に求めている
ライフスタイルでしょうか?

本当は世界を旅したいのではないでしょうか?

本当はスーツなんか脱ぎ捨てて水着で青い海に
飛び込みたいのではないでしょうか?

本当は満員電車なんか乗らずに東南アジアで象に
乗りたいのではないですか?

本当は会社の奴隷で生きていくのではなく、自由に世界を
旅しながらサンダル姿で浜辺でビールを飲みながら
仕事をしたいのではないですか?

革靴なんか捨てて、サンダルに履き替えてお気に入りの
コンピューターを片手にスーツケース一個で世界を旅しながら
自由気ままに稼ぎたくないですか?

あなたが本当にしたい事
↓↓↓
http://mof9.com/17.html