販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

月10万円で死ぬまで生活

月10万円で死ぬまで生活

次に水道代を稼ぎました。

それから、移動費とか、水道代とか、家賃をeBayで稼ごうと
費用別に考えeBayで稼ぐようになりました。

つまり、月収いくら、が目標ではなくて、
必要な費用を稼ぐ為にeBayでこれを売る、
あれを売る、という感じでした。

eBayで、ある程度稼げるようになった時、
次に私はebookを売るやり方を知りました。

オフショア系の不動産やオフショアでどうこうするという
PT関係のレポートをebookにして、それを売りました。

PT関係のことはインターネットで記事を読んだり、
自分自身が色々な国をふらふら旅していたりして
ボランティアの経験などもしていたので、
PT関係の知識と経験をある程度、身に付けてました。

このebookも売り上げ30ドルからスタートして、
それが月100ドルとか200ドルに増えてきて、
遂には、月10万円ほど売れるようになりました。

月10万円で死ぬまで生活

月10万円を稼げるようになった時、自分は永遠にこれで
生きていけると思って感動しました。

強烈な安心感を得たのを覚えています。
年収で120万円程度ですが、これで永遠に生きていける、
世界を旅行できると思ったのです。

そして実際に世界中の物価の安い国々を旅しました。
イントゥ・ザ・ワイルドという映画を見た事がある人は
分かると思いますが、まさに彼のような毎日でした。

あの映画を見た時には、自分の過去とダブらせてしまい
極めて複雑な心境になったのを今でも覚えています。

映画イントゥ・ザ・ワイルド

それからは、更にオフショア関連の内容を深めたebook、
オフショアの不動産、というテーマでebookが増えてきました。

それで、収入は60万円、70万円、80万円と、
どんどん増えました。

こういう風に言うと順調に収入が上がっていった、と
誤解されますが、実際はかなり不安定でした。

正直な所、毎月コンスタントに何円という収入パターンでは
なかったので収入にバラつきがあり不安定だったのも事実です。

が、毎月の出費をとにかく低く抑えていたので月に最低でも
10万円を稼げば生きていける状況でした。

この時期からとにかく生活コストを最低限に抑える
バイバル精神が養われた気がします。

再投資、再投資、再投資

しかし、この時期は余分なお金を貯め込む、という感じは
ありませんでした。

20ドルの投資が人生の方向性を変えた感触が深いインパクトを
脳に与えていましたので、恐れる事なく生活費を差し引いた
収入をどんどん本や教材に再投資していたのを覚えています。

余分に稼いだお金はすぐに本や教材やセミナーなどに
再投資して更にマーケティングを深く学び続けました。

セミナーなどにも参加しましたが、
そこに参加していた他の人で私と同じ事を
やっていた人もたくさんいました。

が、他の人達はある程度の金額を稼ぐとなぜか、
他のことをし始めたり、方向転換していました。
私の場合は、ひたすら同じ事を続けていました。

うまく行くパターンを安易に変える事はしない方が良い、
と、この時に何となく本能的に感じ取りました。

学校に行っていない事が良いのか悪いか分かりませんが
理論ではなく実践を通じて本能的に感覚で覚えていく
癖がついていました。

そして大きな転機を迎えたのはコピーライティングを
本格的に学び始めた時です。

マーケティングを学んでいる時、コピーライティングの話は
もちろん聞いていたのですが本気で学ぶ事はしませんでした。

ライティングなどは特殊な才能が必要だろう、と
感じていたので何となく距離を取っていました。

しかし、紙とペンで億を稼ぐ世界という話を聞いて
無視し続ける事ができなくなりました。

ロークラスからミドルクラスに昇格

コピーライティングというスキルに出会い、
そしてそこに全てのお金を投資し始めました。

そして先生に教わるようになり大袈裟でも誇張でもなく
指が曲がるくらい毎日毎日、気が遠くなるまで
コピーを書くようになりました。

ebookを売っていたり、eBayで稼いでいたときは
まだ不安定な旅人みたいな感じでしたが本格的に
コピーライティングの訓練をスタートし、コピーライターとして
活動を始めると収入が劇的に増え始めました。

年収が1000万円、3000万円という風に増えていきました。

自慢していると勘違いされるとムカつくので
あまり言いたくないのですが最終的に
コピーライターとして年収数億円になりました。

この辺りは現実味のない話かも知れませんので、
別に信じなくても良いです。 ただ、コピーライティングを
学んでいき、それまでの収入のリミットが外れたという
事実だけは理解して下さい。

それまではロークラスPTといって世界中の安宿に泊まり、
ローカルな安い食事や拾いタバコで生活費を10万円以内に
抑えていました。

*PTにはロークラス、ミドルクラス、ハイクラスという
ランキングがあるのです。詳しくはPT-Xを勉強して下さい。
(PT-Xは私が香港で行った120万円のセミナーです)

が、年収が億単位になって初めてロークラスPTを卒業
できました。
ミドルクラスPTに昇格できたのです。

自転車を買ったり、ステーキを食べたり、安宿のシングル部屋に
泊まるようになりました。ほんの少しだけ出費を増やしました。
年収が億単位になった時にも節制は辞めませんでした。

それまでの生活でとことん貧困の不都合を経験したから
だと思います。

お金がない事の惨めさ、空腹感、寒さなど現実的な問題を
叩き付けられ、もう二度と黒人ハウスに戻りたくない、
外で寝たくない、という恐怖も強いトラウマに
なっているのだと思います。

なので無駄な贅沢をしようとは未だに思いませんし、
プライバシーの保てる個室がある事、ベッドがある事、
ご飯が食べれる事、寒過ぎず熱すぎない空間にいられる事で
十分だとついつい思ってしまいます。

月10万円で死ぬまで生活
↓↓↓
http://mof9.com/13.html