読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

20歳前後のピチピチのおねえちゃんと

20歳前後のピチピチのおねえちゃんと

内部留保という素敵なカラクリ
会社経営で儲かったお金は、実に半分くらいは
税金で取られてしまいます。

汗水たらして稼いだお金なのでかなり悔しいですが、
日本に住んでいる限りでは仕方のない事です。

税金を取られた後、残ったお金を会社名義の口座に
コツコツ積み上げていけば、会社が赤字にならない限り、
そのお金は減っていくことはないのです。

それを10年、20年、30年と続けていくと
とんでもない金額になることは想像に難くないでしょう。

例えば、私がやっているエルハウスという会社は
創業して16年が経ちました。

もしこの会社から退職金を貰うとしたら、
今の時点で3億円から4億円もらえるということになります。

そうです、宝くじがあたったレベルの金額を
一括(しかも無税)で貰うことができるのです。

私の友人の廣田さんは、なんと退職金を7億円も
貰う予定であると言っていました。

これは、

年末ジャンボ宝くじの一等よりも高い
信じられないレベルの金額
です。

平均的なサラリーマンの生涯所得が2億円とちょっと、
という話なので、退職金だけで普通の人の人生
3回分の金額を受け取るということです。

「嘘だ平さん!知り合いに社長はたくさんいるが
退職金をそんなに貰っているという話なんか
一回も聞いたこと無いぞ!また盛ってるんだろ!」

と、声を上げたくなる気持ちもわかるのですが、
これは紛れもない事実なのです。

実際、数億円のお金を持っていますよ、と公言しても
いいことは何もありません。

誘拐される危険性や、ここぞとばかりに詐欺師が近寄ってきたりと、
たくさんのリスクが発生してしまうのです。

なので、普通の神経の人であれば、
お金を持っていることははなるべく隠すものです。

建前上はもらってないと話すものの、
そういう人は

こっそり自分の部屋で通帳を眺め、
莫大な貯金額を見てニヤニヤしている
のです。
真面目に働くサラリーマンは、一攫千金を夢見て、
当たると評判の宝くじ売り場の列に並んで、
毎年毎年、年末ジャンボ宝くじを購入しています。

一等前後賞に当選する確率は、雷に打たれる確率よりも
遥かに低い確率なのに、それを信じて健気に買っているのです。

一方の起業家は、宝くじの一等前後賞よりも大きな金額を
退職金としてたんまりと貰うことができてしまうのです。

これだけのお金が一気に手元に入ると、

お金がありすぎて困る

という状態に突入します。

お金はいくらあっても困らない、と思っている人が
多いのですが、ありすぎても逆に、浪費癖がついたり、
遺産相続で家族が骨肉の争いを繰り広げたりと、
必ずしもいいことばかりではないのです。

なのであえて、退職金を少なめに設定しておきたい、
と感じる場合もあると思います。

しかし、きちんと儲かっている会社を続けていると、
会社の価値が上がってくるので、ある程度の退職金を貰わなければ
ならないという、決まりみたいなものもあるのです。

つまり、

強制的に金持ちになるのが確定
してしまうということです。

退職金を少なくする方法の一つとして、
退職の時期が近づいてきたら、どんどんお金を
使ってしまうという選択肢もります。

65歳以後の老後生活は、だいたい1億円もあれば
悠々自適に楽しめるので、必要な金額だけを残して、
パーッと散財する、ということも出来るのです。

もちろんそのお金を美人な女性に使うことも可能です。

領収書さえあればなんでもできるのです。

肌が水を弾くような、20歳前後のピチピチのおねえちゃんと
思う存分遊び、毎日のように“スッキリ”する生活を
楽しむことが出来てしまいます。

本当に、この世に生まれてよかった、ここは極楽だ、
と思えるような毎日を過ごすことができるのです。

極楽生活の基盤となる
具体的な会社の規模とは?
では、現実的に、退職金1億円、年収1,000万円を
安定して確保していくには、一体どれくらいの規模の
会社を作ればいいと思いますか?

あなたが数千万レベルではなく、億単位の退職金を望むのであれば、
やはり年商(売上)が7億円から10億円の企業を作る必要があります。

年商が7億から10億の企業を作ると、
自分の給料として毎年3,000万円から4,000万円位を
会社の台所を圧迫すること無くもらえるようになります。

さらに、経費として月に200万円から300万円くらいは
自由に使うことができるのです。

もちろんこの経費は、ゴルフクラブを買ったり、
女遊びに使ったり、海外旅行に行ったりと、
色々な使い道で楽しむことができます。

退職金については、30年くらい会社を続けると想定すると、
少なくとも2億円くらいはもらえる計算になります。

20年でも1億円は固いでしょう。

私の場合、創業して16年目の会社からは、
4億円貰える予定になっています。

「でも、そうは言っても平さん、20年会社を続けるなんて、
誰にでも出来るわけじゃないでしょう?」

はい、もちろんそれはそうです。

誰でも出来るというと、さすがに語弊があることは認めます。

しかし、私の経験上、学歴や才能がなくても、
誰でも正しい方法で頑張れば、十分可能であるということは
確信しています。

学歴、人脈、才能ゼロでも
すべてを手に入れることは可能
10億円企業を作り、金銭的な成功を手に入れるためには
学歴は一切必要ありません。

むしろ、あったほうが逆に邪魔になります。

優秀な大学を出て、優秀な起業家になった人は
私が知る限りではほとんどいません。

同時に、人脈も必要ないと断言できます。

少なくとも、私は無くても問題ありませんでした。

人脈構築のために異業種交流会に行くのは
全くもって時間の無駄だと私は考えます。

友達が少なくても問題ありません。

私も友達と呼べる存在は、
廣田さんしかいません。

起業家になるには、何も無くても何の問題も無いのです。

むしろ、あったほうが邪魔になることが多いです。

親の出身も関係ありません。
顔が悪くても関係ありません。
身長が小さくても、アソコが小さくても
ビジネスにおいては何の問題も無いのです。

それら全ての問題を、「お金」が解決してくれます。

公務員になるには学歴や家柄が必要ですし、
スポーツ選手になるには才能と身体能力が必要です。

しかし、起業してお金を稼ぐには
全くなにも必要ないのです。

起業 = 究極にフェアな世界
なのです。

スピードの目安で言うと、スタートから3年で5億円、
遅くとも7年で7億円から10億円ぐらいには到達します。

私の経験から言えば、ものすごく頑張れば2年で10億円に
到達することも可能だと思います。

頑張ったり怠けたりを繰り返すと5年前後、
ちょっと怠けぐせがあってサボりがちな人でも
7年あれば10億円企業を作ることが出来るようになります。

「でも平さん、2年で10億円の企業を作れたのは
平さんが特別な才能があったり、元から資金があったんじゃないの?
あなたの場合と私とでは、状況が違うんですよ!」

はい、私もそういう事を言われ続けてきましたが、
実際は、まったくもってそんなことはありません。

私には、親からもらった財産も、特別な才能も、学歴も何も無いんです。

ついでに言えば、私は小学校2年生以前の、
幼少期の記憶すら無いんです。

過酷すぎる貧困の幼少時代
自己防衛のため記憶を封印
私は保育園に入った記憶も無ければ、
小学校の入学式に行った記憶もありません。

ある時、なぜ幼少期の記憶がすっぽり抜け落ちているのか
気になって母親に尋ねてみたことがありました。

すると、返ってきた答えは

『貧乏過ぎてとても人に言えないような惨めな思いをしたから
自分で記憶を消してしまっているんじゃないか』

というものでした。

これにはさすがの私も驚きました。

事実、私の小さい頃はとにかくお金がなく、
その上父親があまり働かない人間でした。

なので、母親が家事の合間にアルバイトをして家計を支えていました。

2パターンしか無い洋服
パンツにはいつも黄色いシミ
思い出せる限りでも、私の服は2着、
2パターンしかありませんでした。

服を脱ぐのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

家にお風呂がなかったので、いつも身体が垢だらけだったからです。

パンツは1枚しか無かったので、いつもアソコの部分が
黄色いシミで染まっていました。

たまに訪れる身体測定の時なんかは地獄でした。

本当に嫌だったのですが、測定するために
服を脱がなければなりません。

脱ぐと、身体は垢まみれで黒ずんでいますし、
パンツは真っ黄色です。

子どもというのは容赦の無い生き物なので、
さんざん軽蔑された上、パンツを脱がされたりと、
数々のいじめを受けたこともありました。

そんなレベルですから、当然持ち家ではなく、
万年借家住まいでした。

私が覚えている限り、4畳半以上の広さの部屋に
住んだ記憶がありません。

父親は家族を捨てて蒸発
4畳半の部屋で3人暮らし
あまり働かなかった父親は、私が小学校4年生の時に蒸発し、
その頃は母親に育ててもらっていました。

母と兄貴と私、3人で暮らしていました。

ちゃんとしたアパートを借りるお金なんかないので、
ボロい長屋とか、屋根裏の狭い部屋に住んだこともありました。

子どもながらに恥ずかしいという気持ちがあり、
友達にどこに住んでいるかを聞かれて、
ごにょごにょ口ごもり、いつも煙に巻いていました。

友達に家がバレると、輪をかけてバカにされることが
わかっていました。

なので、本当は学校のすぐ近くに住んでいたのですが、
バレないように念には念を入れて、
毎日わざと1キロ以上も遠回りをして通学していました。

屋根裏部屋に住んでいた時は、屋根が隙間だらけで、
雨や雪が隙間から入ってきました。

窓も当然、ビニールを貼っただけのような
ちゃちな飾りのようなものだったので、
死ぬほど寒かったのをよく覚えています。

髪が凍ったまま寝る生活
厳しすぎる長野の冬
そのあまりの寒さに、ある冬、頭を洗った直後に、
髪の毛が凍りついたことがありました。

長野県の冬は、貧乏な私たちが家族にとって
本当に過酷なものでした。

いつも天井裏からはガサガサとネズミが
動く音が聞こえてきて眠れませんでしたし、
顔の上にネズミの糞が落ちてくることもありました。

あまりの寒さに3人抱き合いながら寝たこともあります。

当然、暖かい布団なんかもありませんから、
2パターンしか無い服を着て寝ていました。

毎日洗うヒマも無いくらい着ていたので当然臭くなり、
学校に行けば「臭い!あっち行け!」と
いじめられたりもしました。

家賃が払えなくなり、引っ越しをすることも
度々繰り返していました。

いつもなるべく家賃が安いところを選び、点々としていました。

特に運ぶような荷物は無かったのですが、
引越の際はリアカーを借りてきて、3人で移動しました。

母親がリアカーを引いて、兄貴が後ろから押して、
私は小さかったので荷物と一緒にリアカーに乗って
無邪気にはしゃいでいたのを覚えています。

私が小さい頃は本当に、そんな日常を繰り返していました。

野菜ドロボウをして飢えをしのぐ日々
当然、お小遣いなんかは貰ったことがありませんでしたし、
おやつどころか、まともに食べるものにも困っていました。

そもそも食べるものが無かったのです。

ですから、夜中に近所の畑に行って、人参とかきゅうりとかを
こっそり盗んできて、生のままガリガリ食べていました。

それだけでは全然足りなかったので、たまにスーパーなんかに
食べ物を万引きしに行っていたこともありました。

学校で使うノートや鉛筆を買うお金もなかったので、
それも文房具屋に万引きしに行っていました。

子どもながらに不器用で、盗むのは下手だったらしく、
よくお店の人に捕まっていました。

捕まってはボコボコに殴られていました。

しくじったことが悔しくて、お店の人に「母親を連れて来い!」
と言われても、逆に「母親なんか居ない!」
と突っぱねては、また殴られていました。

殴られた後、警察に連れて行かれ、警察官に逆に
「もう許してやったら?」と言われるくらいでした。

しょっちゅう殴られていたので、身体は青あざだらけで、
それもまた学校でバカにされる一つの要因でした。

小学校3年でアルバイトを開始
働き詰めの人生のスタート
そんな生活をしていたのですが、いよいよ苦しくなり、
私は小学校3年位からアルバイトを始めました。

手軽な新聞配達とか、牛乳配達あたりからスタートし、
学年が上がり身体が大きくなるに従って、
より割のいい仕事を選ぶようになりました。

次第に土方などの肉体労働もするようになりました。

ですから私は、小学校3年から高校を出るまでの9年間、
毎日ひたすらアルバイトという生活を送っていました。

兄貴も同じように働き、家計を支えていました。

高校を卒業してからは専門学校に行きました。

学校の成績やお金の問題もあり、
大学に行くという選択肢はありませんでした。

母親も兄貴も私も、とにかく働いてはいたのですが、
さすがに専門学校に入学するときには
まとまったお金が必要になり、どうしてもそれを
用意することができませんでした。

なので当時、母親がお世話になっていた会社の社長に
学費を出してもらって学校に通いました。

この社長のもとで、後に私は働くことになったのですが
それはもう少し先の話です。

専門学生時代は親元を離れ一人暮らしだったのですが、
当然仕送りなんかはありません。

20歳前後のピチピチのおねえちゃんと
↓↓↓
http://mof9.com/29.html