読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

年収1000万円の仕事に転職しました。

年収1000万円の仕事に転職しました。

ぶっちゃけ、どれくらい儲かるのか?
という疑問は、起業したことが無い人が
必ずぶち当たるものです。

実際、どれくらい儲かるのでしょうか?

ここ最近では、普通のサラリーマンの平均年収は400万円前後だと
言われていますが、私は現在

1億5000万円の年収

を会社から取っています。

口だけのなんちゃって起業家と一緒にされたくはないので、
証拠として確定申告の写しをお見せしますね。

 

勘違いして欲しくないのですが、経費などをすべて抜いて、
会社から純粋にもらう金額が1億5000万円だということです。

巷のネット起業家のように

「プロダクトローンチをやって、
1億5000万円の売上が上がりました!」

とか言うレベルの話ではないのです。

サラリーマンをしていては
絶対に到達できない世界
私はそこそこ貰っている方ですが、私まで到達しない
普通レベルに成功している起業家でも、
年収1,000万円くらいならたくさん存在しています。

サラリーマンの世界で年収1,000万円貰うのは
かなり凄いことです。

大企業の課長とか、その辺の役職に就かないと
そこまで辿り着くことはできません。

オーナー社長ではなく、雇われ社長の場合も、
10億円規模の会社の社長を勤めて
ようやく1,000万円に行くか行かないかくらいです。

雇われで10億円企業の社長をやるのは
かなり大変なことです。

よほど優秀な人でないと、大企業の雇われ社長は
務まらないと思います。

被雇用者の限界
越えられない壁の存在
起業家になると年収1,000万円くらいは
まったく珍しいことではありません。

まともに仕事をすれば、起業後、半年か1年位で
1,000万円は軽く到達するでしょう。

そうです、社長業は儲かる仕事なのです。

さらに、社長には「経費を好きなだけ使える」
という大きなメリットが存在します。

飲み食いにかかる費用、おねえちゃんと遊ぶ費用などを
すべて経費として計上することが出来るのです。

つまり、自分の給料はそのまま貯金できて、
日常生活や遊びの費用はすべて会社のお金で
賄うことができてしまうということです。

小さな出費が経費として落ちるかどうか、
頭を悩ませるサラリーマンとはかけ離れた世界です。

お小遣いが半日で3万円という世界
普通のサラリーマンのお小遣いは、個人差はありますが
1日500円から1,000円くらいの人が多いようです。

ランチもワンコインで済ませ、自販機で
ジュースを買うのも迷う人がたくさん居るのです。

サラリーマンで1日に3万円以上のお小遣いを
自由に使えるという人は、まず存在しないでしょう。

ところが起業家になると、半日で3万円くらいを
自由に経費で使うことが出来るのです。

1日で、ではなく、半日で、です。

1日で考えれば、5,6万円は平気で使うことができます。

もちろん自分のお金ではなく、
会社のお金を使えるということです。

これは別にルール違反でもなんでもなく、
法律で決められている範囲内で、
好き放題することが出来るようになっているのです。

しかも自分が社長なので、好き放題使ったとしても、
誰も文句は言えないのです。

かなり最高な世界だとは思いませんか?

本当は自分の楽しみのために使っているが、
会社の発展のために使っている、というタテマエがあれば、
どうとでもなってしまうのです。

かなり美味しい世界だと思います。

そうです、

起業家はかなり美味しい職業
なのです。

今、サラリーマンをしている方には
想像がつかない世界だと思います。

本当に、申し訳ないな、と思う気持ちはありますが、
楽しいのでついつい色んな事をしてしまいます。

六本木のキャバクラや銀座のクラブに飲みに行くのも、
ヘタしたら“スッキリ”できるお店でさえも、
領収書さえあれば経費にできてしまうのです。

今まで相手にされなかったような、
すごい美人の女性とも遊べるようになります。

普通の感覚でいっても、美人な女性は高いです。

遊ぶのに3万円とか10万円とかは余裕でかかります。

月末のカードの支払でカツカツのサラリーマンには
まったくもって縁のない世界です。

しかし社長は、その費用をすべて経費でまかなって
遊ぶことができてしまうのです。

つまり、

自分の貯金は1円も減らさずに
毎日“スッキリ”し放題
だということです。

お金がないサラリーマンは、
あまり高くない=あまり綺麗じゃない人としか
遊ぶことができません。

逆に、社長は一番綺麗で高い女性を
優先的に選ぶことが出来るのです。

この2つの立場の間には、決して超えられない
大きな壁が存在しているのです。

もちろんサラリーマンの人でも、給料のすべてを自由に使える
独身時代はそういうお店に行くこともあるでしょう。

奥さんや子どもにお金がかからないので、
多少なりとも行く余裕は有ると思います。

しかし、結婚したらそういう女性が居るお店には
絶対にいけなくなってしまうのです。

なぜなら、お小遣いでは絶対的に足りないからです。

3000円とか500円で相手してくれる女性なんていません。

75歳のおばあさんでもムリ
だと思います。

きれいな女性と月2回位遊びたいとしたら、
少なくとも5万円はかかります。

私が遊んでいた時は30万円くらいでしたが、
今では5万円でも信じられないほどの
バツグンの美人と遊べるのです。

5万円でどれくらいのレベルかというと、
芸能人の少し下くらいの感じなのです。

道を行く男の8割が振り返るレベルです。

起業家にしてみれば、5万円くらいは訳もない金額なので、
毎月好き放題遊ぶことができてしまいます。

ゴミみたいな起業家でも、芸能人よりも少し下レベルの女性と
月2回は遊べてしまうのです。

高級車を乗り回す生活
絵に描いたような成金プレイ
もちろん女遊びだけではなく、高級車を乗り回すことも可能です。

フェラーリベントレーなどの、
2,000万円とか3,000万円でも全く問題なく
乗り回すことができてしまいます。

ですが、現金一括で買うのはさすがに馬鹿らしいので、
買うのではなく「リース」で乗ればいいのです。

つまり、会社の車として借りる、ということです。

一括で数千万払って買わなくても、
月々たった3万円くらいで借りることが出来るのです。

別にお金が有るからといってむやみに使う必要はありません。

使うところは使って、絞るところは絞るべきなのです

ちなみにですが、フェラーリに乗っていると
かなり女性にモテます。

ただ、高級車に乗っているから、という理由で寄ってくる女性は
注意が必要なので、あまり本気にならないほうが
いいと思います。
あなたはチャラチャラした遊び方をすることもできるし、
堅実に遊ぶことも出来るのです。

選択肢は無数にあり、選ぶのはあなたなのです。

舞妓はんを連れて海外旅行
海を超えた究極の道楽
起業家になれば、格式高いと思われがちな、
お座敷遊びも問題なく楽しめるようになります。

舞妓さんとは、カツラを被って、真っ白な顔をして、
伝統的な着物を着た女性のことです。

お座敷で彼女らに踊ってもらったり、色んな遊びを
楽しむことができるようになるのです。

普通に遊ぶだけならば、お座敷のみとなりますが、
社長ともなれば、

舞妓はんを外国に連れて行って
旅行しながら一緒に遊ぶ

ということも出来るのです。

外人は生のゲイシャを見て大興奮すると同時に、
ゲイシャを連れているあなたのことをとても尊敬します。

実際、かなりのお金がかかるのですが、
それを実現することが可能なのが起業家です。

3,4日の沖縄旅行に同伴してもらうと
30万から50万くらいかかりますが、それらの費用はすべて
「企業研修」という名目で経費になるのです。

一緒に旅行に行くのなら、舞妓さんが20歳になって
芸子さんになる時が狙い目です。

芸子になると少し商品価値が落ちるので、
旅先でちょっと“いいこと”をさせてもらうことも
十分に可能なのです。

本当に

お金があればできないことは無い
のだと、つくづく実感します。

実際、起業家に不可能なことはほとんどありません。

公務員は世間体があるので、堂々と女の子と遊ぶのは
かなり難しいですし、心理的な抵抗があると思います。

だから日常的にかなりフラストレーションを貯めこみ
その結果、

警察官が盗撮、裁判官がエッチな事をして捕まる

といった事件が起きてしまうのです。

運が悪いと、見せしめとして晒されて
悲惨な目にあってしまうことになります。

起業家は何にも気負うことなく、
好き放題やっても全く問題がありません。

文字通り、何でもありの世界です。

公務員は安定しているし、退職金も保証されていて
信用もあるいい身分だが、世間体の鎖に縛られています。

安定感があり、老後も比較的安心だが、
エキサイティングな人生を送ることは不可能です。

現代のエリートであるはずの公務員も

がんじがらめの息苦しさ

から逃れることはできないのです。

しかし、老後にお金がなくなり、惨めな生活を
送る恐怖に比べたら、ちょっとくらい刺激の少ない
人生でもいい、と思う人もいると思います。

退職金の無い起業家よりも、
退職金の有る公務員を選ぶ、
という人も少数派ではないはずです。

ですが実は、

起業家も最終的には
退職金を貰うことが出来る
という事実をご存知でしたか?

自分の会社なら当然、自分がボスなので、
当たり前のように退職金をもらうことが出来るのです。

しかも、退職金の金額は自分で好きなように
設定することが可能なのです。

さらに言えば、

退職金は完全に無税

なのです。

つまり、そっくりそのままあなたのお財布に入るということです。

在職中、給料を少なく設定しておいて、
(それでも年間1,000万から2,000万はもらえる)
お金を会社に溜めておいて、最終的にドン!と
貰うことが出来るのです。

年収1000万円の仕事に転職しました。
http://mof9.com/29.html