読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

お客さんにお金をもらう方法

お客さんにお金をもらう方法

包丁を突き付けられて
命を狙われました。

私は、逃げ回りながら、
「社長勘弁して下さい」
「私はやっていません」

と言っても全く聞く耳を持ってくれないのです。

それで、逃げ回りながら
携帯で兄を呼んだら、偶然に兄が近くにいて、
社長を止めてくれた、という事件もありました。

他にも、クレームなどもたくさんありましたし、
それらを全部自分で処理する必要がありました。

最初は簡単じゃなくて
子供も2人いましたが、
もう無理だと思い、死を想像したこともありました。

つまり、一家心中が頭をスッとよぎりましたけど、
やはり、子供も学校に行ってたので、
なんとか自分で頑張らねばという気持もありました。

何度も諦めようと思い
自殺願望が増しました。
でも、当時の奥さんが、
もう少し頑張ろうよ、と励ましてくれていました。

しかし、ある日突然、
その全ての問題が解決していきました。

その話をする前に、
商売というのは、お金を持ってきてくれる
お客さんがいなければ成り立ちません。

ある日、突然お客さんが1人もいなかったのが、
お客さんを集める方法を知ってしまったのです。

つまり、「集客の方法」を知ったのです。

ある本を読んで、お客さんをとにかく、
どんどん集めてくるという方法をやってみたら、
お客さんが集まり始めました。

集客の知識を学び始めたのです、
それで面白いようにお客さんが集まり始めました。

それまで鳴かず飛ばず
1人もお客さんを集めることができなかったのに
その本を手に取り、本を読んで、
半信半疑で実行してみたら、お客さんが集まり始めたのです。

これが、

ダイレクトレスポンス
マーケティングとの出会い
だったのです。

ダイレクトレスポンスマーケティングの中には、
セールスの方法も入っていて、セールスの方法も学び始めて、
お客さんから、お金をもらい始めました。

お金をもらうことと、集めることは同じでは?
と思われる方も多いですが、全く別になります。

まず最初に、お客さんを集めるということは、
ダイレクトレスポンスマーケティングで簡単にできたのですが
今度はどのように商品を販売するのかが、分かりませんでした。

その商品を販売する方法を学んでいったら、
さらに今度は商品の販売方法を理解してきて、
お客さんからお金をもらうところが段々理解してきたのです。

つまり、

1.お客さんを大量に集めて、
2.お客さんに商品を販売して、
3.お客さんにお金をもらい、
4.お客さんに次の商品を販売する

ことです。

単純に見えるかもしれませんが、
私の場合は家を販売してたので、

1,500万円とか、2,000万円ぐらいの家を
次から次へと販売していました。

そして、iphoneが同じお客さんに
次々と、新商品を販売するように、
私も同じお客さんに、次々と新商品を販売していきました。

現金が自動的に振込まれる
経営システムを確立
しました。

一般的な経営システムというと、会計がどうのこうのとか、
社員教育がどうのこうのという感じですが、
そこから入る人はほとんどが倒産をします。

なので、

1.お客さんを大量に集めて、
2.お客さんに商品を販売して、
3.お客さんにお金をもらい、
4.お客さんに次の商品を販売する

そして、その人達に今度はまた口コミで
紹介を広げてもらい、新しいお客さんをまた掴んで…という、
サイクルが私自身の経営システムなのです。

マネジメントは最初は全く何もしません。

また、「金持ち父さん貧乏父さん」という
本を読まれたかどうかは、分かりませんが、
その本の中に書かれてあることで、

複数の会社を持ち、複数の会社から給料を
もらうことを、その本で推奨されています。

その段階になると、今度はマネジメントを勉強していきます。
マネジメント、つまり経営管理になります。

多くの経営者は、最初の頃は商品が売れて、
もてはやされる方も多いですが、
数年後には会社が倒産をしたり、
赤字経営になるケースが多いです。

また、一般的な経営者は売上的に
5,000万円、3億円、5億円規模の会社がいちばん多いですが、

私は

年商30億円以上の
規模の会社を自動操縦
してます。

5,000万円、3億円、5億円規模の会社と、
年商30億円以上の会社には、明確な違いが実はあるのです。

それが、

『経営システム』

です。

多くの人が知らないことなのが、
1億円の会社を経営するには1億円のシステム、
5億円なら5億円、10億円なら10億円のシステムが存在して
それらが、すべて別物なのです。

会社の規模はカリスマ性で決まると思われているのですが、
システムで全ては決まるのです。

基本的に多くの経営者はゼロから
年商5億円くらいまでは、簡単に経営できるものなのです。

ただ、それを超えると急に難しくなるのですが、
それは、経営システムを理解してないからです。

カリスマ性がどうこうというのは、
実際は、あまり関係がないのです。

年商3億円の経営システムを使い続けていて、
年商が10億円に行くのは、まずあり得ません。

年商10億円には、10億円の経営システムというのがあります。

その辺りを、みんなが勘違いして
なかなか売上を伸ばせてないのが現実ではないかと思います。

会社の売上規模を変える場合には、
経営システム自体を変える必要があるのですが
その辺は、あまり知られてません。

経営システムとは、メソッドの集合体でもあり、
メソッドはテクニックの集合体です。

会社の経営には数百とか数千のテクニックがあり
そのテクニックはセミナーや教材や本で学ぶことができます。

まず、マーケティングやコピーライティングとか
売上を上げるテクニックを学ぶ必要があります。

そして、テクニックをまとめメソッド化します。

メソッドというのは、
色々あるテクニックを、バランスよく使うことを言うのです。

さらに、複数のメソッドを集合させたモノが、
今度はシステムになるという訳になるのです。

そして、完成したモノが経営システムとして機能するのですが
3億円、5億円、10億円、100億円と、
売上の段階により、経営システムというのは全てが違います。

逆に言えば、

経営システムを変えれば
会社の規模も自動で変化
つまり、私が100億円規模の経営システムを
取り入れることができれば会社の規模をさらに大きくできます。

実際に通信販売で100億を目指していたとき
100億円の規模の会社を経営してるグループの経営塾に参加して
彼らの話を聞いたり、会社を訪問したりして
経営システムを色々と学びました。

そして、100億円を狙えるぞと思いましたが、
彼らの生活とか、実際の働き方を見ていて、

「彼らのようにはなりたくない」

という風に思ってしまったのです。

私のライフスタイルと、
100億円規模の社長のライフスタイルとは明らかに違いました。

私は自分のライフスタイルを大事にしてますが
100億円規模の社長は、大きな問題を全員が抱えてるのです。

もちろん解決できる問題ですが、
ああいう風にはなりたくないなという気持が
かなり強くなり、100億円は諦めたのです。

今では売上30億円という規模で、
かなり満足をしてます。

100億円とか1,000億円という会社の社長とも
知り合うことができて、色々な話を聞くことができるのですが、
彼らは彼らで大きな問題を抱えているのです。

例えば、売上が上がると
今度は株式というものが、かなり重要になり、
株主の意向を聞かなければ何もできないという状況になります。

株主というのは売上を上げていき
株価を上げることで配当が来ます。

ですから、株価を上げることで、

お客さんにお金をもらう方法
http://mof9.com/47.html