読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

生活が破綻しました。

生活が破綻しました。

借金、キャッシング、そして
消費者金融でアリ地獄に突入

自己啓発セミナーは10万円くらいしますので、
交通費や宿泊費を入れると20万円以上します。

いくらバイトを掛け持ちしても、
仕送りをつぎ込んでも足りません。

「いつか成功するから大丈夫」

という根拠の無い自信を元に、
クレジットカードのキャッシング枠から
借金をしたのが始まりでした。

その返済をするために、借金を次々と重ねて、
消費者金融に手を出すのに、そんなに
時間はかかりませんでした。

最初はクレジットカードの返済ができずに、
軽い気持ちで借りたのが始まりです。

返済をし終えたら即座に解約をすることで
借金地獄へと嵌らなくても済みますですが、

借入可能額=自分の貯金額

のような幻想に陥ります。

つまり、100万円を消費者金融から借り入れる事が
できるなら銀行に100万円の貯金があるように錯覚します。

「そんな馬鹿な!」

と思うのが通常の思考回路ですが、
当時は完全に麻痺してます。

しかも、「金持ち父さん貧乏父さん」という本が
ベストセラーになり、借金でレバレッジをするのが
賢い選択だと思い込んでいました。

別に「金持ち父さん貧乏父さん」には、
年率消費者金融で年利29.2%(当時)の借金をしなさい!
とはどこにも書かれてはいません。

いま、冷静に考えてみれば、
馬鹿なことをしたと笑えるのですが
当時は一攫千金で借金を全て返済すればいいと
考えて次々と借金を重ねてました。

催促の電話にビクビクする毎日…
大学を中退、松屋でアルバイト生活

しかし、現実はそれほど甘くなく
すぐに返済ができなくなります。

そうなると督促の電話の嵐です。

5社も6社も借り入れをしていましたので、
毎時間のように電話が鳴ります。

最初は電話に出て、借金が返済できない言い訳と、
当てもない返済予定日を伝えていたのですが、

さすがに精神が病んできます。

携帯が鳴ると「ビクン」と反応をしてしまい、
冷や汗が止まらなくなります。

電源を切り、束の間の静けさを取り戻すものの
数日もすれば、「ピンポン」と家の玄関にまで
催促に来るのです。

もう、こうなると学生生活を続ける余裕もなく
いつまでも起業を夢見る訳にもいかなくなりました。

そして大学を中退して、働き始めました。

とはいえ、大学を中退してすぐに
雇い入れてくれる会社などなく

インターン

という形で最初は大阪のITベンチャー企業に
交通費と昼食代は支給されるものの
給料は「無給」という条件で働き始めました。

夜は時給1,300円の松屋の深夜アルバイトをして
昼は無給でITのベンチャー企業で働いていたのです。

当時は「ベンチャー企業」を上場させることで
20代でも億単位を稼ぐことができるという、

「ネットバブル」

全盛の時代でしたので、普通に就職して20万円の
給料を得るよりも、ベンチャー企業でひと通り
経験した後は、起業して一発逆転という夢を見ていました。

なので起業を夢見る、いや、一攫千金を目論む自分には、
真面目に働くサラリーマンをバカにしてました。

「熱心に働くのはバカだな」

と心の中でバカにしてました。

私の父親は銀行員で、朝は始発で会社に行き、
夜は終電で帰る生活を定年まで続けています。

いまでは、それがどんなに大変なことなのか、
そして、家族を守る為に色々と犠牲にして
働いてくれていたことが分かるのですが、
当時はバカにしていました。

「熱心に働くのはバカだな」

そう自分の親に対しても見下していたのです。

膨らみ続ける借金
見栄を張り続ける自分

借金額はどんどん膨らみます。

しかし、その現実を受け入れられない自分。

周りにも見栄を張り続けて、両親や兄弟、
友人と会うときには見栄を張りすべてが順調と
嘘をつく。

一人になると督促の電話に怯え
次の返済日の資金繰りに頭を悩ませる日々。

恐らく借金の額は500万円を超えていたと思うのですが、

「いつかおれは成功する」

という根拠の無い自信だけで更にセミナーに参加して、
借金の額は増えるばかり。

利息だけを支払い続けるのが精一杯で
何年も何年も苦しみ続けてました。

起業を夢見て5年以上が経過してましたので
いい加減、諦めて目の前の仕事に打ち込めばいいものの

「熱心に働くのはバカだな」

と勘違いをして、与えられた仕事さえも
こなせない日々です。

結局、インターンとして無給で働いていた
ITベンチャー企業が人手が足りないということになり、

月給20万円という形で就職することになり、
嫌々ながら仕事をしてました。

一攫千金を夢見てるものの、起業する勇気もなく、
悶々と過ごす毎日。

当然、仕事にも身が入りません。

「◯◯日までに仕上げてね」

と仕事の依頼があるのですが、
仕事自体をバカにしていたので熱も入らず、
納期は毎回必ず遅れる始末。

上司にも取引先にも毎回、頭を下げますが、

「いつかおれは成功する」

と、自分を慰めては目の前にいる人たちを
見下してた自分がいたのです。

会社勤めをしていただいた給料は、ほとんど 全て返済に回すので、
手元には残りません。

サラリーマンを続ける限り、この生活が続くと思うと
本当に嫌気が差すのですが、起業する勇気もなく
悶々とする日が続きます。

生活費を切り詰めて、借金返済に当てればいいものの、
見栄を張る性格なので、友人には食事をご馳走して、
彼女には高価なプレゼントをする。

しかし、そんな生活もやがて破綻が訪れます。
http://mof9.com/11.html