販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

高額治療費200万円

高額治療費200万円
→ http://mof9.com/25.html

細胞が知らず知らず
若返る再生アプローチ

簡単にまとめると..

食べ合わせ、ストレス回避、そして休養

ということです。

これなら簡単だと思いませんか?

治療のマインドセットや確立した健康法を
このようにシンプルに語ると、

「医者の免許も無いクセに相当
格好つけた事を言っていますが
仙人さんの患者さんは実際の所、
完治しているのですか?」

という質問が出ると思います。

正直な事を言いますと…

私の患者さんは
ほとんど死にます。

全員を完治させてるぜ!

と言えるようになる事が私の将来的な理想ではありますが
現時点では実際問題としてかなり難しいです。

そもそも私が看病する病気そのものが難病という部分も
難しい原因だと思います。

先ほども少しだけ触れましたが、私のところに
訪れる患者さんは余命宣告を受けた寿命ギリギリの
棺桶に片足を突っ込んだ人たちばかりです。

病院で見放されて希望も居場所も失い、
わらにもすがる思いで私のところにやって来ます。

中には余命宣告の時期を過ぎている患者さんも
いらっしゃいます。

こんな状態なので、治療が間に合わず手遅れで
亡くなるケースが後を絶たないのも事実です。

もう少し早く来てくれていれば… と思うような
患者さんがほとんどです。

私の所に来るのは
一番最後…

私の所に来る患者さんは、ほぼ全員、ありとあらゆる他の
手段を尽くして最後の最後に見放されてくる人ばかりです。

なんで一番最初に来てくれないんだ?

といつも悲しくなります。

ありとあらゆる手術をされて、様々な臓器を切り刻まれて
体中に手術跡をつけて、放射線で焼かれて、抗がん剤
副作用で両足が麻痺して髪の毛が全部抜け落ちて、
モルヒネ中毒になってから私の所にくるのです。

お医者さんに、

「もう何やっても無理だから。余命3ヶ月。身の回りの整理整頓を
して遺書を残しておきなさい。」

と言われてから、ボロボロに全身を切り刻まれた姿で
私の所に来るのです。

病気の初期の段階で、まだ体にメスを入れていない状態で
まだ元気なうちに私の所に来てくれていれば。。といつも
悲しい気持ちになります。

なので、

1割の患者しか治らない
悲しい現実の壁
が存在します。

それとは反対に瀕死の状態から完治して
完全な健康体に復活する人も少なからずいます。

あまり体を切り刻まれていない人だったり、副作用の強い
化学物質を血管に注入されていなかったり、放射線
全身の細胞を焼かれていない患者さんで、しかも
初期ステージの人は完治するケースが存在します。

どちらにせよ私ができるのは患者さんの自然治癒を
サポートする事以外に何もできません。

患者さんの体に力が残っていれば、治りやすい、
すでに力が尽きていれば、治らない、というのが
現実です。

ただ、最近ではそこまで緊急性の高い
患者さんだけではなく、もう少しライトな
症状の人も治療サポートしています。

難病サポートは非常にエネルギーを使いますので
少し自分自身の休憩の意味も考えています。

前立腺の疾患や不妊治療、喘息患者など比較的
症状が軽い人たちを最近は診ています。

色々な患者さんを診ていますが、基本的に
年齢が若い人、症状初期の方は完治しやすい
傾向にあります。

私が行っている治療法で特徴的なのは、

前代未聞の医療テクニック
ショットガン・アプローチTM

というのものがあります。

この手法を使用することでどのような病気でも
完治する確率が劇的に上がります。

西洋医学では絶対に行われることのない
新しい概念の治療法です。

例えばピストルで一つの的を狙おうとすると
正確に当てるのはかなり難しいです。

ですが、複数の弾丸が同時に発射される
ショットガンを使用すれば、簡単かつ高確率で
的にヒットさせることが可能です。

なので一度で効率的に沢山の症状を
攻略することができるようになるのです。

西洋医学は基本的にピストル型のアプローチです。

ピンポイントに病巣を狙い撃つことを
主な治療方法としています。

その代表的な例がガンの放射線治療です。

最近では「重粒子線治療」といってガンの病巣を
極めてピンポイントに攻撃してガン細胞を
死滅させるというアプローチも取られています。

ハズレ弾だらけの近代医学

しかし一つのガン細胞を死滅させたところで
それは一時的な応急処置であり根本治療では
ありません。

しかも的をハズすことも多々あります。

なので病院で手術、放射線、抗ガン剤などで
治療を受けた患者さんは『再発』に怯えながら
残りの人生をガンの奴隷のように
ビクビクして過ごすことになります。

ですがショットガンアプローチならば
一気に複数の内臓機能を劇的に改善させ、
根本的な生命力を復活させて健康な肉体を
手に入れることが可能です。

ただ、ショットガン・アプローチTM
には致命的な弱点が存在します。

この方法だと基本的に失敗の確率が低く
一時的な処置ではないので治療後も健康に
暮らせる体を手に入れることが可能です。

しかし大きなデメリットもあります。

それは、高額な治療費が必要だという事です。

具体的な金額で言うと、
最低でも200万円は頂いています。

五臓六腑を丁寧に浄化…
東洋医学の極意

一度にたくさんの内臓にアプローチをするために
複数の種類の薬草や材料が必要になり、それにより
原材料のコストが高くなるのです。

もちろん私が使う時間などのフィーなどもそこには
加わりますし、色々な労力などを計算すると
それくらいの費用が発生してしまいます。

このように患者さんの経済的な負担は
大きくなります。

しかし、長期的に見ると病院で一時的に症状を
緩和するような治療を受けるよりは結果的に
良い方向に進むと考えています。

そういった事まで理解される経済的にも
比較的ゆとりのある患者さんが特に
引き寄せられている感じがします。

なので、

上流階級セレブが集まる治療院

という雰囲気になってしまっています。

私の治療院に集まる患者さんの大半は
会社経営者や知名度の高い方が見られます。

とにかく私のアプローチは、

『内臓を全て綺麗に治していく』

という感じをイメージしてもらえば
理解しやすいと思います。

しかも必要な順番を律儀に適切に守り、
反応を見ながら丁寧に進めていきます。

このような五臓六腑アプローチは
治療ミスや診断ミスが発生する確率を著しく
低い数字に抑える事が可能になります。

しかし1回200万円の治療費は
誰にでも払える金額ではないと思います。

高額治療費200万円
→ http://mof9.com/25.html

 

治療薬の原料の一つは生搾りライムです。
メキシコ産 フレッシュ キーライム (“ 中南米 レモン / ライム ”) 4.5kg
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00D809BFE/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00D809BFE&linkCode=as2&tag=kabuhiranum03-22