販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

私は虚弱体質でした…

私は虚弱体質でした…
→ http://mof9.com/25.html

実は、私は病気がちの幼少期を過ごしていました。

感染症に頻繁にかかり、赤ん坊の時期に
何回も死にかけたそうです。

それは成長してからも続きました。

3歳か4歳の時には皮膚を掻いていたら
傷口から菌に感染してしまい、それが悪化して
最終的に腕を切断するかしないかの大騒ぎでした。

しかし病気がちでも何故か闘争本能はありました。

筋力も強かったのでスポーツに熱中していましたが
すぐに病気にかかって倒れていました。

重度の皮膚病で恥をかきました。

風邪も恐らく1ヶ月に1回くらいは引くという
感じで常に病院に通っていました。

その虚弱体質はなかなか改善されず
7歳になる頃には重度の皮膚病に
かかってしまいました。

とにかく全身が恐ろしく痒くて辛かったです。

関節の部分の皮膚が柔らかくなり赤くなって
そこを掻き毟るので出血してかさぶたになります。

それがまた痒みを感じさせるという終わりない
地獄の無限ループです。

その苦しみから一刻も早く逃れたくて色々な
クリームを塗ってみたりステロイドを皮膚に
塗り込んでいました。

時にはキムチみたいなものを擦り込んだりと
様々なアプローチを試みました。

しかし全てうまく行きませんでした。

当時、私の母親も頭を悩ませていました。

そして私の皮膚病の地獄はその後2年間も
続きました。

ですがある日当然、転機が訪れました。

運命を変える
自然治癒との出会い…

ある日、お風呂でシャワーを浴びている時に
またあの強烈な痒みに襲われました。

私は掻くことで症状が悪化する事は理解していました。

そして偶然、熱湯レベルのシャワーを患部に
当てることで強烈な痒みが軽減する事を覚えました。

ジーンとしてとても気持ちが良かったのです。

そして熱くて我慢できなくなれば冷水に切り替える
というパターンを交互に繰り返しました。

次第にそれが快感に変わりクセになりました。

それから何と1週間後に、2年間も苦しんだ
重度の皮膚病が綺麗に消えてしまったのです。

本当に驚愕でした。

理由はよくわかりませんでした。

私の母親も、

「どうしたの?」
「いったい何をやったの?」

と驚いていたのを強く記憶しています。

現代医学の固定概念

そして医者には「有り得ない!」と無視されました。

この事件をきっかけに、医師すら知らない医学の知識、
まだ世間に出回っていない健康法など様々な病気を
治癒する未知の方法が世の中にはまだあるのではないか?

そう強く思うようになりました。

2年間の苦しんだ重度の皮膚病が完治したのを
掛かりつけのお医者さんに見せると、

「そんなの有り得ない!」

「絶対に治るはずがない!」

の一点張りで完全に無視されました。

心に芽生えた不信感…
幕を開けた健康学の探求

目の前に治った実例があるのにも関わらず
真っ向から否定されたのです。

この瞬間、子どもながら西洋医学への違和感や
医者への不信感が芽生え始めました。

そして10歳の頃から難しい医学書を読み始めたのです。

小学生時代に解剖学と生理学に没頭しました。

周りでは友達と遊びほうけている子供達を
尻目に私は医学に深くのめり込んでいきました。

そして私の関心は同時に医療や健康と深く
繋がった『ある』ものへと動いていきます。
→ http://mof9.com/25.html

 

水道の塩素に長時間当たるのが大嫌いになったら
美容水シャワーヘッド Obleu(オーブル)
→ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HM6VQ+CHIAIA+397Q+NTZCJ