販売店 新着情報

販売店の新着情報をお知らせします。

2つの赤い唐辛子風呂で全身ポカポカ

2つの赤い唐辛子風呂で全身ポカポカ

エックスパワーのヒーリングルーティンを実践します。

エックスパワー
→ http://mof9.com/25.html

ヒーリングルーティンの一つ
唐辛子風呂があります。

唐辛子風呂のメリット

・血行や新陳代謝の促進
・神経痛・リウマチの緩和
・腰痛の緩和
・肩こり解消
冷え性の予防・改善
・ダイエット効果

唐辛子について

香辛料の主成分も、胡椒のピぺリン、唐がらしのカプサイシン、西洋からし、マスタードのアリルイソシアネ―トなどが単離精製されています。
カプサイシンは更にその受容体も明らかにされて、外因性のカプサイシンの様な作動物質だけではなく、内因性の作動物質も沢山見出されています。カプサイシンの受容体に対しては、20種類近い作動物質が既に解明されました。面白いことに、化学物質だけではなく、温度がその作動性を示し、しかも43度以上で痛みとして作動することも明らかにされているのです。我慢風呂とは熱い風呂に我慢して入ることを言いますが、風呂の快適な温度は40-42度と言われていて、40度以下は少し“ぬるい”と感じ43度を越えると“熱い”と感じるとされて、皆さまも経験されていることと思います。43度を越える風呂は“熱い”と感じると同時に“痛い”と感じられる方が多いと思いますが、この43度がカプサイシン作動性の温度で、まさにドンピシャリと一致していたのです。カプサイシンを多く含む激辛ラーメンや激辛カレーを口にすると、受容体が刺激されて辛いと感じると同時に、痛い、熱い、口の中が火の様だ、水、水と言うのと符合します。更に、英語で“辛い”を“hot”と表現していたのもこの現象の為ではないでしょうか。激辛に水は定番ですが、温度を下げることで、カプサイシンの受容体の感受性が下がるそうで、経験にはちゃんとした科学的な裏付けも有るようです。

唐辛子風呂の入り方

唐辛子2本を
湯船に湯を入れる時に入れます。
風呂を洗う時まで入れっぱなしで良いです。

今すぐ試したい

どんな唐辛子でも良いので
唐辛子を2本用意して
入浴前にお風呂に入れてみると体験できますよ。

お風呂に入れる唐辛子はこちら
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/14bd2159.0b0edbc5.14bd215a.e113f4ba/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2F1bankanwebshop%2Fcm-6052an&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2F1bankanwebshop%2Fi%2F23687243%2F&scid=af_item_txt&link_type=text&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJ0ZXh0Iiwic2l6ZSI6IjMwMHgzMDAiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjowLCJ0YXIiOjF9


エックスパワーの詳細はこちら
→ http://mof9.com/25.html